転職したばかりで消費者金融で金を借りられるか

0-12

 

20歳から69歳の間であれば、消費者金融で融資を受けることができますが、上限に関しては金融機関によって年齢が異なる為、前もって確認してから融資を受けてください。定期的な収入がある事も条件の一つといわれています。利用する人の状況によっては断られる可能性もある為、注意して利用しましょう。

例として受けられるかどうかわからないラインのひとつが、転職したばかりの人です。定期的な収入があるといわれていても、転職したばかりでは返済能力に不安があると判断されるのではないかと、考えてしまう人が少なくありません。

年収や役職よりもその会社に在籍している年数によって融資の判断をされがちといわれているのが消費者金融業界です。今すぐお金借りるのに平均的に1年未満で融資を受けようとしても確実に断られます。在籍年数が1年以上でなければ融資の申し込みは不可能と、書いている会社は少なくありません。

そのため、前もって書いてあるかどうかを判断することが重要といえるでしょう。また、勤続年数が1年以上であったとしても、あまり長くない場合には高額な融資を受けることができません。申請は可能ですが、審査で弾かれる可能性が高いです。

融資を受ける時には前もって借りられそうな金額を想定し、必要な額に足りるかどうか判断することが必要といわれています。一般的に勤続年数が短い場合、数万円前後を融資してもらえるだけでもよいと考えて申し込んだほうがいいでしょう。

なお、どんなに勤続年数が長くても、審査で弾かれる可能性が高いのは信用情報に傷が付いている場合です。信用情報に傷が付くポイントとしては、携帯電話代金をうっかり払い忘れてしまった経験がある人や、クレジットカードの代金を数ヶ月延滞してしまったこと、ローンを組んで遅延が合った経験のある人が多いといいます。

転職してすぐに借りることができるところはあるのか

0-30

全ての消費者金融で融資を受け付けているわけではありませんが、転職して数ヶ月で融資を受けられる人が半分程度いるのは大手の企業です。全国的に有名でメディアでのCMも多い会社であれば、比較的受け付けているところが多いといわれています。

ただし、過去に信用情報に傷がないことや、融資を適切に返済できる能力があるか確認して受けることが条件といえるでしょう。なお、融資の額に付いて確認するポイントとしては、あまり多額の融資を申し込みしないことです。

基本的に収入照明を用意しなければならない50万円以上であれば融資に対して大変厳しくチェックされますが、10万円未満の場合には在籍確認もしないですむWEB完結型のローンを利用すると受けられやすいといえるでしょう。勤務先に電話がかかってこない形式で融資を受けるのであれば、スピーディーに利用が可能といえるといいます。

基本的に銀行系の場合よりも消費者金融系のほうが審査はゆるく、利用しやすいといわれている為、比較的勤続年数が短くてもWEB完結型で融資を受けられる可能性が期待できるでしょう。

ただし、多額の融資を期待してはいけません。早めに返済して信用を築き上げることによって、融資を受けやすいといわれている為、参考にしてください。利用する金融機関を適切に選ぶこと、融資を少なめに申し込むことがよい結果につながるポイントといわれています。

なお、転職前に契約していたカードローンに関しては、転職してから使えなくなる可能性もある為、前もって信販会社や金融機関に確認してください。転職先でも利用が可能な場合もある為、全てを捨ててしまわず、金融機関に問い合わせることが重要といわれています。

就職してからすぐと転職してすぐは避けたほうがいい

0-69

融資に対して抵抗がなくなってしまうのは、利用するやり方によってはよいことですが、返済を適切に行えるかどうか自信がない場合には利用するべきではありません。

金融機関によっては勤続年数よりも他社からの借入金の総額や、過去の信用情報、年収から判断することが少なくないため、100パーセント融資が通らないということはありません。ただし転職先の企業や年収によって、申し込みした金額では融資を受けられない可能性があることを理解しておきましょう。

融資を受けた時に本人確認の為に金融機関からスマホに連絡が来た場合、金額を下げられれば受けられる場合もある為、慎重に判断してください。ポイントとして挙げられているのは、融資を受けて返済するまで次の融資を申し込まないことです。

計画的に返済を済ませて、完済してから次の融資を申し込む形が一番といわれています。返済だけでなく転職や入社したばかりで受けられないわけではありませんが、複数社から融資を申し込むことは無理といえるでしょう。

受けられるとしても1社のみ、10万円未満程度の融資であれば通る可能性もあるということが、入社したばかりの人や転職してすぐの人が借りられる可能性といわれています。